​訪問看護ステーション勤務

       看護師 代 女性

ご利用者様の笑顔や一緒に考えてくれるスタッフに

支えられ、日々やりがいを感じています

東日本大震災を機に『やはり看護がしたい。その日の天気や季節などを肌で感じたい。』と思い転職をいたしました。

病棟を離れて約20年、治療内容の変化に対しては勉強会などに参加して驚くことがたくさんありました。

また、スタッフの方々からも、指導を頂き心強く感じたものでした。

『楽しんで訪問してきなさい』と送り出して頂き、肩の力が抜け訪問先へ向かうことが出来ました。

ナースコールがならない在宅での看護は人生の先輩であるご利用者様と会話を楽しみながら満足のいく看護の提供が出来る様取り組んでおります。

が実はご利用者様から心の頂き物がたくさんあります。

通勤は自然を楽しみながら歩いております。

訪問は車の免許を持っていないので自転車です。季節を肌で感じることが出来ます。ご利用者様のご自宅までもちろん自転車でいけますよ。

体力低下予防で週一回は仕事を終えてから体操教室に通っています。

入社当時子供は高校生、PTA活動もしておりました。今その時間は美術館・博物館・観劇などと毎週のように出かけており充実した日々を送っております。

  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

copyright©2018 chuoh reha all rights reserved.