​訪問看護ステーション勤務

       看護師 30代 女性

初めての訪問は不安もありましたが周りのサポートもあり安心して仕事ができました。

​職場復帰後も仕事と子育てを楽しみながら頑張っていきたいです。

病院で働いている中で退院調整が一番苦手でした。在宅で療養している方々は退院後どのように生活しているのか、イメージがつかなかったからです。そこで在宅看護へ進んでみようと決心して入社しました。

 

病院とは違い、自分ひとりでの訪問は知識や技術がなければならないと焦りもありましたが、自分の判断が不安な時は他の看護スタッフに直ぐに相談したりすることで様々なケースを乗り越えていくことができました。

また、事務所に戻ってくるとスタッフ同士で利用者様の気にかけていることなど話し合い、自分では考えつかなかった改善策を見つけることが出来ました。

新しく訪問先が決まった際も最初は一人ではなく二人で訪問し情報共有をすることで安心できました。

 

当社は車で訪問先へ向かいますが、最初はペーパードライバーでした。しかし、練習時間を設けてくれたり、道に詳しいスタッフが抜け道を教えてくれたりと問題なく訪問できます。

 

入社後、妊娠し、悪阻もありましたが他のスタッフのフォローもあり、無事に出産することができました。

育児休暇を取るにあたり、利用者様の引継ぎは日々の話し合いをしていたこともありスムースに行うことが出来たと思います。

今後職場復帰をしますが、仕事と家庭の両立を考えた話し合いをしています。

仕事と子育て、どちらも楽しみながら頑張っていきたいです。

  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

copyright©2018 chuoh reha all rights reserved.