通所介護施設勤務

      理学療法士 40代 男性

利用者様の生活環境に合わせて
工夫しながらリハビリできることに興味を持ち入社

 私は、リハビリの専門学校に通って居たころに、実習で伺った整形外科クリニックで訪問リハビリへの同行見学の機会があり、訪問リハビリの担当者が、ご利用者様の日常生活を過ごす環境の中で工夫してリハビリを行っていることに興味を抱きました。
 そこで、私自身もこの仕事に就きたいと考え、回復期病院や訪問業務を行っている病院、運動を多く行っている通所施設を探していたところ、学校の求人案内で中央リハの案内を見つけ応募しました。

​ 働き出して一番嬉しく感じることは、利用者様の「もっと楽に足が前に出るようになりたい」、「しっかり立つことができるようになりたい」という希望に対して、個別の運動メニューやご自身で行える運動メニューを提供して「歩きやすくなったよ」、「ふらつかなくなったよ」といったお声を頂いた時や、体の動きが良くなったことが目に見えてわかった時です。

 また、「家でじっとしているより、ここで運動した方が体調が良いよ」と言っていただけることもあります。利用者様の普段の生活の中で、体の動きや妨げになる環境を見直したりするお手伝いをできることに喜びを感じます。

 野球が好きなので、休日には野球観戦に行くことが多いです。また、夏場には富士山へ登山に行ったり、趣味に関する古書を探しに行ったりもしています。
普段は運動や登山に活かせるよう、通勤や帰宅時に歩く時間を作り、じっとしていることを少なくするように工夫しています。

  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

copyright©2018 chuoh reha all rights reserved.